植毛ロボットARTASⅡ

~ARTASⅡの植毛手術~

工程3)
Placing(プレイシング)
「毛を植える」

最後の工程はPlacing(プレイシング)=「毛を植える」作業です。ロボットで採取した毛髪を、あけた穴に植えていきます。この作業は手作業になります。プレイシングで重要なことは(全行程で言えることですが)、採取した毛髪を「乾かさない」「温めない」「できるだけ丁寧に早く植える」ことです。これらに気を付けることが生着率を高める重要なポイントです。また、これらを達成するには、医師・看護師・看護助手・ロボット技師等のチーム医療が不可欠となります。ルーチェでは各部門が一丸となって患者様のロボット植毛成功をサポート致します。

工程3)Placing(プレイシング)=「毛を植える」

Placing(プレイシング)=「毛を植える」は手作業で行います。ピンセットで1本1本毛髪を作成した穴に入れていきます。

Placingのポイント

毛髪1本1本は「生きた」組織です。毛を採取した瞬間に、血管から切り離され酸素と栄養の供給がなくなります。
酸素と栄養の供給が途絶えている状態を「虚血」状態といいます。虚血状態の毛髪はじわりじわりと弱っていきます。乾燥させたり温まってしまうと弱まるスピードは更に速まります。最終的には死んだ組織になってしまいます。もちろんそのような毛を植えても生えません。いうなれば、飲まず食わずで且つ息を止めている状態です。もしこれが我々なら5分と持たないでしょう。幸い毛髪の場合、まずは6時間は生き抜くことができると言われています。ですが、可能な限り早く植えてあげることで虚血状態が緩和され、そのダメージを最小限に抑えることができます。その結果生着率が高まります。これらを実現するため、私たちはチームワークが充実した植毛専門医療チームで皆様をサポートします。

  • 毛は血管から酸素と栄養が供給されて生きてきます
    毛は血管から酸素と栄養が供給されて生きてきます。
  • 「無酸素」「無栄養」の状態
    毛髪は採取されると血管から切り離されるので、直後から「無酸素」「無栄養」の状態になります。
「温度上昇」「乾燥」「虚血状態」の状態
「無酸素」「無栄養」状態の毛髪はどんどん弱まってしまいます。
温度上昇、乾燥はこの状態を更に悪化させます。
チーム医療が素早い植毛を可能にします
定着率が上がる!

早く植えてあげれば、毛髪の温度は体温レベルに戻り、乾燥は回避され、酸素と栄養が供給され始め、毛髪へのダメージが最小限になります。

まとめ①アルタスⅡによる植毛とその他の植毛の比較

以上のように、ロボット植毛では従来の植毛方法と比較して多くのメリットがあることがご理解頂けましたでしょうか。
以下にその違いをまとめました。ご参考にしてください。

工程1
ハーベスティング

Harvesting(ハーベスティング)

  メリット デメリット
FUT
(ストリップ法)
 
  • 長い直線の傷跡が残る。(髪をかき上げるとわかる)
  • 株分け作業が必要となり、時間がかかる。
FUE
(手作業)
 
  • 人の手で行うので採取した毛髪の切断率が高くなるリスクがある
アルタスⅡ
  • 傷がほとんど目立たない
  • ロボットが毛を採るので切断率が低い
 
工程2
サイトメイキング

SiteMaking(サイトメイキング)

  メリット デメリット
手作業  
  • 人の手で行うため、穴の深さ・角度・密度・毛流・既にある毛髪の温存等、バラツキがでるリスクがある。
アルタスⅡ
  • 手術前シュミレーションを行い、それに従ってロボットが穴をあけるのでバラツキが少ない。
 

まとめ②ロボットには2種類あります!
~従来のアルタスとアルタスⅡの違い~

当院はロボット植毛はアルタスⅡです!

従来のアルタスは「Harvesting(ハーベスティング)=毛を採る」のみでした。
アルタスⅡは「Harvesting(ハーベスティング)」に加えて、「SiteMaking(サイトメイキング)」までロボットで行います!

  工程1 工程2 工程3
 

Harvesting
(ハーベスティング)
=毛を採る

ハーベスティング

SiteMaking
(サイトメイキング)
=穴をあける

サイトメイキング

Placing
(プレイシング)
=毛を植える

プレイシング
従来の
アルタス
(アルタスⅠ)
ロボット 手作業 手作業
アルタスⅡ ロボット ロボット 手作業

より精度の高い植毛が可能です!

施術の流れ

アクセス
東京都中央区銀座4丁目3番6号
G4 BRICKS BLD. 5階
最寄駅:銀座駅B4出口 徒歩1分
詳しくはこちら